カテゴリー別アーカイブ: 車を格安で購入するコツ

短時間ならカーシェアリング、長期的に考えるならレンタカー

車を借りるという方法は幾つも生まれているのですが、その中でも結構使いやすいと言われているのがカーシェアリングとレンタカーです。

どちらを利用すれば得をするのかという話ですが、これは時間帯によってどちらが得かは変わってきます。

 

短時間の利用なら間違いなくカーシェアリングの方がいいですが、長時間借りる場合はレンタカーの方が得をする場合があります。

どのような用途で利用するのかをよく考えてからどちらかを選べばいいと思います。

 

カーシェアリング

 

カーシェアリングは15分程度から利用出来るようになりますので、短時間の利用が出来るというメリットを持っています。

費用面でもそんなに高くありませんから、ちょっとした所に行くために車を借りたい場合や、どうしても車を利用して行かなければならない所があればカーシェアリングの方がいいと思います。

 

ただ長時間利用する分には費用がかさんでしまい、思っていた以上に支払い金額が増えてしまうことがあります。

そのため短時間の利用向けと考えてください。

 

レンタカー

 

一方レンタカーは短時間の利用が出来ないので、基本的に長時間借りる場合に向いています。

日数を調整して借りるのもいいですし、1日限定で利用する方法もできます。

 

またトラックやミニバンのように大きな車を利用することが出来るため、引越しなどの作業をする時にレンタルする方法が使えます。

しかし返却の際にガソリンを満タンにすることが常識とされていますので、余計な費用を支払うことになるのは覚悟してください。

そのため費用面ではカーシェアリングが圧倒的に優れています。

ポイントを押さえれば新車ディーラーは怖くない!女性が新車を格安で購入するためのポイント

車を購入する場合、大きく分けて二つの手段が考えられます。

一つは新車を購入する方法、もう一つは中古車を購入する方法です。

 

それぞれにメリットデメリットがありますが、今回は新車を購入することを想定して格安で購入するためのテクニックについて解説します。
新車を購入する場合、重要なのは相手に本気で買う気があることをアピールすることです。

 

新車ディーラーには買う気もないのに市場だけしに来る冷やかし客も少なくないため、本気で購入する意思のあることをアピールすればそれだけ販売する側も本腰を入れて交渉してきます。
最も簡単に本気で購入する意思をアピールできる方法が、事前に販売店に予約の電話を入れてから訪れることです。

買う気もないのに冷やかしでディーラーを訪れる客は、わざわざ事前に予約の電話を入れるようなことはしません。

 

新車購入を考えていることを伝えてアポイントを取っておけば、それだけで本気の客であることをアピールすることが可能です。
女性が車を購入するとなると、ディーラー側に簡単な客だとなめられてしまい、割引も渋くなってしまいます。

 

女だからとなめられた交渉をされては、格安で車を購入することは不可能です。

 

できれば男性と一緒にディーラーを訪れると、相手になめられずに格安で購入できるように交渉できるでしょう。
新車の値引きを引き出すためには、複数の車種を競合させることが重要です。

候補車を4~5車種程度ピックアップして、それぞれ別のディーラーで交渉してください。

 

他にライバルがいるとわかると、ディーラーの競争心に火がついて大きな値引きを勝ち取ることができます。

車が良く売れる時期=車が高い時期とは

車を少しでも安く買うには高い時期を避ける

 

現在車は手ごろな価格で入手できるようになっており、中古販売業者も増えたので数十万円あれば買える時代になりました。

 

しかし、思いついたときに車を買うのでは少しでも格安で車を買うことはできませんので、時期を見計らって買ってください。
一般的に車が安くなるのは、人気がなくなったときに安くなります。

 

人気が無くなるというのは純粋な売れ筋もありますし、市場の流出量も関係してきますが、発売されてから年数のたっている車は安いし、そういう車を売るために中古車フェアを開催している会社もあるので参加してみてください。
後、3月4月などは車検を受ける人が多く、車が良く売れるのでこの時期は車の値段は安くはありません。

 

他にも3月や9月も決算の関係で会社側も車を売りたいと思っているので、新車であれば多少安くなることもありますが、その分多くの人が購入する時期でもあるので値下げしないところもあります。

 

車を買う時期は普通の人が買わないと思われる時期が最適であり、冬とかおススメではあります。

最近は新車でも中古車でもぎりぎりの価格で売り出しているので、少しでも安く買いたい場合は交渉して値引きしてもらうのが良いでしょう。

 

相手の情に訴えかけたり、車検もこの会社でするなど値引き交渉術は色々ありますので、値引き交渉に抵抗感の無い人は試してみてください。

車を安く買えたとしても、その車がぼろぼろで長期間使えないと言うこともあるので、走行距離や整備の有無なども確認してから購入しましょう。

 

関連: 車を買い取ってもらう際に注意することは?

 

週に1回、500円で中古車を販売しています

車というのは基本的に高いのが一般的ですが、実は探せば安い車を見つけることができます。

 

まず、安い車を買うならば、やはり中古車に的を絞ったほうが良いでしょう。

人気の中古車だと新車より高い場合もありますが、基本的に中古車は新車より安く値段設定されていますので、安い車を探すならば中古車を探すべきです。

 

そんな中古車の中でもとりわけやすいのが、走行距離が長い車、年式や型が古い車、燃費の悪い車、ボディーカラーが一般的ではない車などが挙げられます。

 

これらの中でまず優先したいのは、ボディーカラーが一般的ではないクルマです。

要は見た目の問題ですので、気にするかしないかは自分次第なのですから、気にしなければしないほど安く車を買うことができます。

 

また、同じ理由で年式や型が古い車もお勧めです。

ただし燃費が悪かったり走行距離が長いとトータル的に見て損をする可能性がありますから、そこは注意が必要です。

 

そうして狙いを絞ったならば、中古車販売店に足しげく通い少しでも安い車に目をつけておきましょう。

そして、自分の中で納得できる安い車を見つけたら躊躇なく購入に踏み切るべきです。

 

こうして、言わば人気のない中古車を探し当てることが車を安く買うコツです。

 

また、イレギュラーのパターンとして「激安中古車の黄門さま」という販売店が週末限定1名ですが、驚きの500円で中古車を販売していることがあります。

店舗に行ける方はぜひともオススメです。

オプションを全部カットした新古車が安い!

余計なオプションを全部カットした新古車を検討してみて

 

最も車両本体価格が安くなるのは、やはり中古車です。

しかし中古車は車両の状態が必ずしも良好とは言えません。

 

価格が安い車両ほど状態も劣ってしまう傾向があるので、できるだけ状態の良い車を購入したいなら新車か新古車での購入が適していると言えます。

 

なるべく安く車を購入したいなら、新古車にターゲットを絞ると良いでしょう。

新古車は新車と同等の状態の車両が、新車価格よりも数万円から10万円近く安くなっていることが珍しくないのです。

 

車のディーラーの中には新古車をたくさん扱っているところも多いです。

欲しい車種が決まっているなら、いくつかのディーラーを回ってそれぞれで見積もりを出してもらいましょう。

 

他店の見積もり金額があれば値下げ交渉をしやすいので、ディーラーを回っていくうちに少しずつ総額も下がってくるはずです。

 

また、出来るだけオプション等を付属させないことも安く車を購入する為に欠かせないポイントの一つです。

一般的にはたくさんのオプションを付けた方が値下げ金額は大きくなりますが、これはオプションの定価に対する値下げ金額でしかありません。

 

結局のところ購入価格が少し高くなってしまうことに変わりはありませんから、不必要に感じられるオプションは外してしまいましょう。
ディーラーで見積もりを出してもらうと、ナンバーリムや希望ナンバーが標準で含まれていることが少なくありません。

これらを外すだけでも1万円以上安くなることが多いですから、きちんと確認してみてください。

 

また、自宅まで車両を持ってきてもらう納車方法をとると納車費用が発生するディーラーも珍しくありません。

納車当日に店頭に赴けるなら、これもカットしてもらうと少し金額が安くなります。

1万円で新車を購入できるシステムを知ってますか?

1万円で新車を購入できます

 

通常車を購入する際、メーカーへ行って、車を見て気にいったのがあれば購入する。

新車の場合はこう言った流れだと思います。

 

新古車も、中古車も同じな感じだと思います。

あとは値引きやサービス等にこだわったりするとは思いますが、特別にこだわるところはありません。

 

車をとにかく安く手に入れたいということであれば、一風変わった、ユニークな販売をしているところがあります。

全国でやっているかどうかは私も知りませんが、けっこうやっているとは思います。

 

私が知っていますのは、私は九州ですが、近くのダイハツで、1万円で新車を購入できるシステムがあるんです。

 

1万円といいますのは、月に1万円入金するだけで乗れるのです。

あとの維持管理費などはもちろん自分でやりますが、そこのダイハツ店では車種もちゃんと選べますし、車検もやってくれるとかって聞いたことがあります。

 

そこで私はネットで実際にそんなことがあるのかと思いました早速調べましたらちゃんとそういう販売があるのが事実でした。

 

1万円で例えばムーブやミラ、軽自動車以外は確か3万円とかネットに出ていました。

特別にこだわりがないのであればこのような購入の仕方もあるのではないでしょうか。

 

けっこうこれで乗っている人は多いです。

私の家の車は母が病気なので福祉車両でないとだめですが、実は私、福祉車両もそんなふうにして手に入るのかもしれないと思いダイハツに電話で聞きましたら、福祉車両は該当しなかったですね。

 

もし私が福祉車両以外の乗用車を探すならば絶対にこの1万円システムで買います。

お近くのダイハツに聞かれてみるのも多と思います。

 

ダイハツだからと言ってダイハツ車だけではありませんでしたよ。

新車を極力安く購入する2つの方法

新車を極力安く購入する2つの方法

 

新車を購入する場合に少しでも安く購入したいのは当たり前の話です。

 

あっさりと購入すれば新車ディーラーの思うようになってしまいますので、ある程度腰を据えた交渉が必要なことは間違いありません。

 

一般的に新車を安く買うには2つほど方法があります。

 

購入時期を3月か9月に決める

 

一つ目は購入する時期を選ぶことです。

 

新車の製造メーカーや販売会社は数字をなるべく上げるためにも決算月にはおおきなノルマが課されていることが多くあります。

 

なるべくたくさん売らないと会社も社員も困ったことになるので通常よりも安い値段がでやすいと言えます。

 

これもたいていの製造メーカーや販売会社の決算月は3月であり、中間決算は9月であるので、一番に狙い目は3月で次の狙い目は9月と言うことが言えます。

 

販売会社に競争を促す

 

二つ目はなるべく、販売会社に競争させるということです。

同じような排気量や大きさで違うメーカーの車同士を競合させるということです。

 

販売会社はなるべくよそのメーカーの販売会社に負けたくないという意識が働きますので、たとえばある会社が安い値段を提示すればそれ以上の値段を提示してくることもよくあります。
新車を安く購入するということは販売会社との交渉がありますから、なるべく粘り強く交渉することが必要となります。

 

ある程度は欲しい車が決まっているならインターネットや雑誌などでその車の情報をかなり仕入れてから交渉に臨むことは最低限は必要となってきます。

車を少しでも安く買いたいなら登録済未使用車がオススメ

車を少しでも安く購入したいというのは誰でも思うことですが、いろいろな方法があります。

 

まず新車の場合、おススメなのが「登録済未使用車(とうろくずみみしようしゃ)」です。

 

これは「新古車(しんこしゃ)」といわれるもので、登録はされているけれど走行していない車で車検の期限が少し短いというデメリットがありますが、かなりおススメです。

こうした登録済未使用車は軽自動車で多く販売されています。

 

登録済未使用車を専門に販売している店もありますのでチェックしてみてください。

 

そのほかにBMWやベンツ、フォルクスワーゲンなどもこうした車がたくさん販売されています。

輸入車の場合中古車として販売されますので、インターネットなどで検索するのがオススメです。

 

こうした輸入車の場合未走行にもかかわらず走行距離が「3000~5000㎞」と掲載されているケースがありますので販売店に問い合わせてみてください。

 

一方、中古車を安く購入する場合は注意が必要です。

安くても故障していたりする場合がありますのでよく確認して購入する必要があります。

 

ですのでディーラー系の中古車販売店や大手の中古車販売店で購入するのがおススメです。

中古車販売店にはいい加減な店もあります。

 

たとえば走行距離をごまかしていたりボディを補修しているのに「修復歴なし」として販売することもあります。
そして中古車の値段は需要と供給の関係で決まりますので、人気のない車種やボディカラーはとても安くなる傾向があります。

 

こうした車を狙えば状態の良い車が安く購入できますのでおススメです。

 

状態のいい車が欲しいなら新古車で

 

基本的に新車というのは結構高い値段に設定されることが多いため、どうしても高い値段で購入することになります。

 

状態のいい車を購入したいと考えているなら、新古車を購入するのがお薦めです。

これは新品同様ですが中古扱いとなって販売されている物で、通常の新車に比べて安く購入できるメリットがあります。

 

この新古車ですがディーラーに依頼しても持っているかどうかはわかりません。

 

そこで利用するのがオークションです。

オークションでは車の売買も行われており、その中に新古車が提供されていることもあります。

 

これを狙えばいい状態のまま車を安く購入できる可能性もありますが、色々な手続きを自分で行うことが求められる点には注意です。

 

またディーラーの方に依頼して新古車を探してもらうのも1つの方法です。

ディーラーもオークションで車を調達していることが多く、依頼を出すことによって車を購入できる可能性があります。

 

見つからなければ結構時間はかかるかもしれませんが、上手くいけば1週間程度でいい状態の中古車が手に入るはずです。

これを購入することでかなり安くなりますし、手間もそこまでかかりません。

 

新車を安くする方法というのは殆どありませんので、状態のいい新古車を狙った方がいいと思います。

オークションを毎日チェックするようにして、自分が欲しいと思っている車を探してください。

 

面倒ならディーラーの方に代行という形でお願いし、後から購入するといいでしょう。

車を安く買う5つの方法!ローンで購入?一括で購入?車を買う上での注意点

車を安く買う5つの方法

 

ilm01_ac02011-s車はそんなに安い買い物ではありません。
購入と言っても方法は様々です。

 

・新車をディーラーと呼ばれる販売店で購入する
・中古車を取り扱っている販売店で購入する
・友人、知人から譲ってもらう
・カーオークションに参加する。

・現在乗っている車を売って購入資金を作る

 

このように方法は様々ですが、各方法には以下のようなメリットとデメリットがあります。

 

■ディーラーで購入

 

toyota_co_jp

 

メリット :新車を購入できる
デメリット:新車価格なので値段が販売価格のまま

 

■中古車販売店で購入

 

zba_jp

 

メリット :販売価格が半値、もしくはそれ以下で購入できることがある
デメリット:中古なので、前のオーナーの使い方次第ではすぐに壊れるものを購入してしまうこともある

 

■友人、知人から譲ってもらう

 

ilm2007_02_0131-s

 

メリット :話次第ではかなり安く譲ってもらえる
デメリット:友人、知人にも都合があるため、譲ってもらえるかがタイミング次第

 

■カーオークションに参加する

 

auctions_yahoo_co_jp

 

メリット :間に業者が入らない為に手数料などがかからない場合もある
デメリット:自分で手続きや、届出をしないといけない場合もあるため、かなり手間がかかる

 

■車を売って購入資金を作る

 

zba

 

メリット :実質お金を使わずに、安く購入できる

デメリット:売った直後は移動手段がなくなるのでタイミングが重要

 

車の購入にはこのようにメリットとデメリットが発生します。
もし、安く車を購入したいのであれば、ディーラーで新車を購入することは難しいと思います。

 

一番いいのは友人や知人から譲ってもらうのが安く済みます。

もし、仲の良い友人であれば友人も変な車を押し付けてはこないと思いますし聞きたいことをどんどんと聞けるので、メンテナンス状況なども把握しやすいところがあります。

 

各種届出をしなくてはならないのは仕方ありません。

業者はその手続きを代わりにやってくれるので「手数料」として料金が発生してしまうからです。

 

その部分ではカーオークションと変わりません。

また、中古車販売店で購入する場合も、車の相場は決まっています。

 

ある程度値引き交渉は出来ますが、大きく何十万円も変わるということはめったにありません。
また、金額も走行距離などに比例しているので、どうしても値段相応になってしまいます。

 

そう考えるのであれば、やはり知人、友人が車を乗り換えるタイミングで自分にその車を譲ってくれるよう交渉をしてみるのが一番かもしれません。

 

うまくいけば車検費用だけで車を譲ってくれる場合もありますので、一度周りをよく見てみて車の乗り換えを考えている人がいないかどうかを探してみるのも一つの手です。