まずは廃車手続きを絶対にする事

必要無くなったバイクの処分は、そんなに難しい事ではありません。
まずは廃車手続きを行う必要があります。

廃車手続きを行わないと、バイクを所持している権利を放棄出来ません。

 

もしまだ廃車手続きを行っていないバイクで誰かが事故を起こしてしまったら大変です。
その事故の責任は、バイクの持ち主である人に降りかかってくるのです。
なのでバイクを処分する前には絶対に廃車手続きを行いましょう。

 

廃車手続きは役所やバイクを買い取りや回収しているお店でやって貰えます。

廃車手続きが済んだらバイクを処分します。
処分する方法はいくつかあります。

 

バイクの種類や状態によってもしかしたら思った以上の値段で買い取って貰える可能性もあるのです。

故障していなくて見た目も綺麗なバイクだったらバイク買取専門店に見積もりして貰いましょう。
処分するつもりなのですから、少しでもお金になった方がお得です。
故障している場合でも多少の事ならば、電話で買取店に相談してみるのも良い事です。

 

買取店はバイクのプロですから、直して販売するかもしれません。

見た目も酷く、完全に壊れているバイクだったら回収業者にお願いします。
バイクはリサイクル資源が沢山あります。
引き取って貰う時にお金を払う事もありますが、交渉してみるのも大事です。

 

もしかしたら無料で引き取って貰えるかもしれません。

バイクを処分するのには住んで居る場所の自治体や役所次第で色々な方法があります。
買取店に持ち込むのも、役所で処分して貰うのもどちらにも言える事は、廃車手続きを忘れない事です。

 

乗らなくなったバイクは買取専門店で買い取ってもらおう

 

若い頃にバイクを乗っていたけれどもう乗らなくなって自宅倉庫に眠っている人も結構たくさんいると思います。

こういう人でバイクを処分しようと思っていても、どの様に処分すればよいのかよく分からないという人もたくさんいます。

 

こういう人はバイクの買取専門店で買い取ってもらうのがオススメです。

バイクの買取専門店はハーレーやBMW、ドカティなどの高級バイクからスクーターのような小さなバイクまで買い取ってくれます。

 

しかし、もう乗らなくなって長いので走れなくなっているのではないか、と考える人もいると思います。

こういう場合でもバイクは買い取ってもらえますので安心してください。しっかりメンテナンスをすればほとんどのバイクは走るようになりますので、安心してください。

 

買い取ったバイクは中古車として販売されたり輸出したりします。

日本製のバイクや日本で使われたバイクは走行距離も少ないのであまり故障しておらず海外でも人気がありますので、ほぼすべてのバイクを買い取ってくれると考えて問題ないと思います。

 

バイク買取専門店は電話で連絡するとトラックに乗って買取査定に自宅までやってきてくれます。

 

バイクを処分するときの注意点として、乗らなくなって長い時間が経ったバイクはエンジンをかけたりしないようにしてください。

むりにエンジンをかけようとするとエンジンが壊れてしまう可能性があるからです。

古くなってもそのまま査定してもらってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>